合宿免許を取得する

私たちは運転免許を取得するためにほとんどの人は自動車学校に入校して、交通法や運転技能を学ぶことになります。しかし、学生や社会人の場合、授業や仕事の都合があるため取得までに1ヶ月程度の時間がかかってしまうのも現実です。 そこで長期休みなどのタイミングで集中して運転免許取得のためのカリキュラムを履修する合宿免許という方法があります。

合宿免許とは自動車学校が開催する短期集中型の免許取得のためのプログラムで、自動車学校側が用意した宿泊施設に泊まり込み、カリキュラムを履修します。その多くは高校を卒業した大学生や新社会人を対象とした普通自動車運転免許であり、だいたい2週程度の期間で卒業することができます。また、プランによっては普通自動車終了後、続けて自動二輪車のカリキュラムを履修することができるものもあります。 中にはリゾート地に合宿免許専用の教習所や宿泊施設を用意している自動車学校もあり、時期によってはすぐに予約が埋まってしまう人気の合宿もあります。

費用の面でも通学にて普通自動車(MT)の免許を取得した場合に比べ、合宿の場合は食事や宿泊費も含めて5万円ほど安い費用で取得できるため、割安な方法となっています。 授業の内容に関しては通学と合宿で違いはないため、そこに関しては心配はありません。 ここであげた以外にも合宿免許にはメリットはありますが、逆にデメリットもあります。少し調べてみてはいかがでしょうか。

Copyright © 2014 合宿免許のメリット・デメリット All Rights Reserved.